エマストーリー

○エマのあらすじを紹介します。
・エマのあらすじを紹介します。

『エマのあらすじ』
舞台は産業革命華やかなる1890年代、
ヴィクトリア朝時代のイギリス、
街にはまだ馬車が行き交い、
上流社会と平民との間には厳密なる境界があった、
階級制社会が根強い頃の物語である。
───エマ

主人公のエマは、
良家のガヴァネス
(家庭教師)
を引退してロンドンで隠遁生活を送っている
老婦人ケリーの下で使用人としての教育を受け、
家事全般を一人で取り仕切る
オール・ワークス・メイド
(雑役女中)
として暮らしていた。
───エマ

そこへある日、
ケリーの元教え子で有力な
貿易商ジョーンズ家の跡取り息子、
ウィリアムが訪れる。
ウィリアムはそつなく
控えめに応対したエマに強い関心を持つ。
───エマ

数度の思わぬ出会いや
連れ立って訪れた水晶宮での一夜を経て、
互いに惹かれあうようになった
エマとウィリアムだが、
2人の恋はケリーとウィリアムの友人で
インドの王族であるハキム以外、
祝福する者のないものであった。
───エマ

ケリーが亡くなり、
訪れたジョーンズ家で2人の身分の差を痛感し、
叶わぬ恋であることを悟ったエマは、
ウィリアムに行き先を告げぬまま、
ロンドンを去る。
───エマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。